医師紹介

院長 平尾 健

平尾院長 平成4年より整形外科医としての修練を積み、平成11年には広島大学大学院医学系研究科に進学し、その頃は働き方改革などの概念もなく、臨床、研究、学会活動に寝る間を惜しんで没頭していました。若かったからできたのだと思います。
平成18年に勤務医を辞し、体調に不安のあった父を手伝う形で副院長として当院での勤務を開始し、その後院長として、父の残してくれた有床診療所を引き継ぐこととなりました。
開業医として運動器疾患のプライマリケアを扱うのは勿論ですが、大学院時代から専門とする「骨・軟部腫瘍」、そして「骨粗鬆症」、「足の外科」にも重点的に取り組んでいます。
同じ診断でも病態は画一的ではありません。健全な運動器の回復を目指して、その方にとって自然な治療を提案してまいります。

経歴

平成4年 広島大学医学部医学科卒業
平成4年 広島大学医学部整形外科
平成4年 広島市民病院整形外科
平成7年 世羅中央病院整形外科
平成9年 広島総合病院整形外科
平成11年 済生会広島病院整形外科
平成12年 広島大学病院整形外科
平成15年 県立広島病院整形外科(副部長)
平成17年 県立広島病院整形外科(医長)
平成18年 平尾外科整形外科クリニック(副院長)
平成23年 平尾外科整形外科クリニック(院長)
平成24年 医療法人昇 平尾クリニック(理事長・院長)

所属学会

日本整形外科学会、中部日本整形外科・災害外科学会、中国・四国整形外科学会、日本運動器科学会 他

資格

医学博士、整形外科専門医、日整会認定リウマチ医、日整会認定スポーツ医、日整会認定運動器リハビリテーション医、在宅医療推進医

医師会活動

一般社団法人 広島県医師会 常任理事
一般社団法人 広島市医師会 常任理事
一般社団法人 広島市佐伯区医師会 理事

趣味

野球、音楽、アウトドア

座右の銘

健全なる精神は健全なる身体に宿る

副院長 古井 潤

古井副院長 小児科専門医としてJA広島総合病院での勤務を経て、平成24年(2012年)より当院の常勤医師(副院長)として勤務しております。
午前中は外来診療、午後からは訪問診療・在宅医療を中心として診療を行っています。
小児から高齢者といった幅広い年齢層の訪問診療・在宅医療を通して患者様や、ご家族を支えていける医師を目指して日々精進を重ねたいと考えております。

経歴

平成9年 久留米大学医学部卒業、久留米大学病院小児科
平成13年 久留米大学医学部大学院卒業、聖マリア病院
平成16年 広島大学病院
平成16年 土谷総合病院
平成17年 JA広島総合病院
平成24年 現職

所属学会

日本小児科学会(日本プライマリ・ケア連合学会)

資格

医学博士、日本小児科学会専門医、日赤広島看護大学非常勤講師、認知症サポート医

趣味

運動(サイクリング、筋力トレーニング)、アロマテラピー

座右の銘

犬も歩けば棒に当たる

砂川 融(非常勤医師)

砂川先生 手指に問題があれば、お気軽にご相談ください。
※勤務日 第1・3火曜日 午前中

所属学会

日本整形外科学会(1986年)、日本手外科学会(1992年)、日本マイクロサージャリー学会(1992年)、日本末梢神経学会、日本肘関節学会、日本形成外科学会

専門

手外科、肘関節外科、微小外科

リンク 広島大学 大学院医歯薬保健学研究科(保)

田中 信弘(非常勤医師)

田中先生 院長とは学生時代からのお付き合いです。
首、腰など背骨を専門にしています。
※勤務日 第2・4土曜日 午前中

経歴

平成2年 広島大学医学部医学科卒業
平成2年 広島大学医学部整形外科
平成3年 広島市民病院整形外科
平成5年 庄原赤十字病院整形外科
平成7年 広島三菱病院整形外科
平成10年 米国ラッシュ医科大学留学
平成13年 八幡浜総合病院整形外科
平成14年 広島大学病院整形外科
平成16年 広島大学病院整形外科(助手)
平成25年 広島大学病院整形外科(講師)
平成29年 広島大学病院整形外科(准教授)
平成30年 JA広島総合病院整形外科(診療部長)
令和2年 JR広島病院整形外科(部長)
令和3年 JR広島病院整形外科(主任部長)

所属学会

国際腰椎学会、国際頚椎学会、北米脊椎外科学会、日本整形外科学会、日本脊椎脊髄病学会、日本腰痛学会、日本内視鏡低侵襲脊椎外科学会、日本脊椎インストゥルメンテーション学会、日本側彎症学会 他

資格

医学博士、整形外科専門医、脊椎脊髄外科専門医、脊椎脊髄外科指導医、日整会認定整形外科専門医、日整会認定脊椎脊髄病認定医

役職

日本脊椎脊髄病学会理事、日本腰痛学会評議員、中部日本整形外科災害外科学会評議員、日本脊椎インストゥルメンテーション学会評議員、国際頚椎学会日本機構理事、脊髄機能診断研究会世話人 他