当院について

 

概要

整形外科、リハビリテーション科、小児科、内科、アレルギー科

有床診療所 19床の入院施設(一般病床17床、介護療養病床2床)

在宅療養支援診療所(訪問診療)、訪問リハビリテーション

通所リハビリテーション

予防接種、各種健検診(特定、乳児、骨粗鬆症など)

当院の歴史

昭和24年、初代院長平尾 昇(のぼる)が現在地の五日市駅前に平尾医院(産婦人科、内科、小児科)を開設。

昭和59年、平尾 勝(まさる)が二代目院長に就任し、平尾外科医院(外科・循環器科)と名称を変更する。

平成18年、平尾外科整形外科クリニックと名称を変更する。

平成23年、平尾 健(けん)が三代目院長に就任。

平成24年、医療法人「昇(しょう)」設立。名称は平尾クリニックに変更。法人名は初代院長の名前に由来し、読み方は初代、二代目の名前の音読みに共通である。 初代、二代目の地域医療への志を継承していきたいとの意味が込められている。

平成25年、古井 潤(じゅん)が副院長として加わる。古井 潤も初代の孫にあたる。

平成28年、新築工事が完成し同一敷地内に移転。柏木健児が整形外科常勤医として着任。

現在に至る。