在宅医療/訪問診療

私たちは、患者様にできる限り住みなれた家庭や地域で療養することができるようお手伝いします。

訪問診療は通院が困難で自宅あるいは施設(グループホーム、サービス付き高齢者住等)での療養を希望される方が対象となります。
当院では小児から高齢者の幅広い年齢層の患者様に訪問診療を行います。

訪問診療内容

  • 定期的な診療(訪問診療)
  • がん疼痛治療(医療用麻薬の使用)
  • 経管栄養(胃瘻等管理)
  • 中心静脈栄養(ポート管理)
  • 持続皮下注(ポンプ使用)
  • 人工呼吸器及び気管切開カニューレの管理交換
  • 膀胱留置カテーテル
  • 褥瘡(床ずれ)処置(外科的処置も含める)等を行います

 

当院では在宅診療で定期診療している患者様にかぎり、緊急対応いたします(往診)。初めての患者様の緊急時の在宅診療依頼は行っておりませんのでご了承ください。

訪問診療の頻度は、基本は1回/1~2週とさせていただきますが、患者様の病状により診療回数は変わります。

 

在宅診療の、ご利用とご相談について

直接お電話にてご相談されるか、担当ケアマネージャーを通してご相談ください。ご入院中の方は入院先の地域連携室を通してご相談くださればスムースです。
初回相談の日程を予約いたします。

ご説明について

当院にて在宅診療についてご説明させていただきます。来院が困難な方はご自宅又は施設へ出向いてご説明させていただきます。ご本人さんの来院が難しい様でしたらご家族又は直接介護する方でもかまいません。その際、今までの担当医あるいはかかりつけ医がいらっしゃいましたらできるだけ紹介状をご用意ください。入院中の方は病状等を把握するため、前もって入院先の主治医、看護師、リハビリスタッフ等と退院前カンファレンスを行います。ご質問ご要望がございましたら、遠慮なくお申し付けください。

在宅診療の開始

在宅診療は患者様とご家族の同意を得る事が前提となります。同意が確認できましたら、在宅診療を開始します。

 

ご利用方法(成人)

1.まずは、お気軽に電話でご連絡下さい

082-921-3161

病状やお悩みについてお尋ねしたうえで、初回相談の日程を決定させていただきます。

 

2.初回の相談にお越しください。自宅、施設、病院までお伺いすることも可能です

医師により初回相談を行います。患者様本人が同席されなくても結構です。ご家族、ケアマネの方からの相談でも構いません。主治医の紹介状があればお持ちください。

 

3.訪問診療開始いたします

初回相談をふまえて、定期的な訪問診療や、薬の処方などを開始します。

 

4.訪問リハビリが必要な患者様には訪問リハビリを処方いたします。

 

ご利用方法(小児)

1.まずは、お気軽に電話でご連絡下さい

082-921-3161

病状や現在の発達状態、栄養状態などをお聞きします。

 

2.小児患者様の訪問診療は基幹病院の主治医の先生と密に連携をとりながら訪問診療をさせていただきます。

入院中で退院後の生活が不安な場合は、病院や施設まで伺います。

 

3.訪問看護が必要な場合は訪問看護ステーションと連携をとり診療いたします。

他の施設と連携をとり訪問リハビリ処方もいたします。

 

4.基本的に小児疾患はすべて対応しますが、病状が不安定な場合はご相談ください。

 

5.訪問範囲について

広島市西部地区(広島市西区、佐伯区、廿日市市)とさせていただいておりますが、現時点で広島には小児科専門医による訪問診療体制が整っていないため、範囲外でも可能な限り対応させていただきます。

 
 
 

訪問リハビリテーション

当院では、理学療法士による訪問リハビリテーションも行っております。詳しくは、電話にてご相談ください。

082-921-3161

訪問診療範囲